< 2012年04月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  | 2012年06月 >
Home  > アーカイブ > 2012年05月

前宮城県知事・浅野史郎氏が「架け橋」設立シンポジウムを語る

昨日開催された「架け橋」設立シンポジウムで基調講演とシンポジウムに参加された浅野史郎氏がご自分のサイトでその印象を語っておられます。
シンポジウム終了後、居酒屋での打ち上げにも参加され、我々とテーブルを一にして歓談の後、帰路につかれました。

浅野史郎氏・WEBサイト『夢らいん』 ジョギング日記・5月27日(記載)
http://www.asanoshiro.org/


報道記事(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000e040273000c.html

いよいよ明日開催!『患者・家族と医療をつなぐNPO<架け橋>設立シンポジウム』

患者・家族と医療をつなぐNPO法人「架け橋」が明日(5月27日)設立シンポジウムを開催します。関係者一同、皆様のご参加をお待ちしております。

<開催案内>

  日時 :5月27日(日) 14時〜17時
  場所 :聖路加看護大学講堂(アリス・C・セントジョン・メモリアルホール )
  交通 :地下鉄日比谷線「築地」駅 3番出口又は4番出口より 徒歩3分
      地下鉄有楽町線「新富町」駅 6番出口より 徒歩5分
      地下鉄大江戸線「築地市場」駅 徒歩12分
  手続き:事前予約不要、参加費無料

詳細:下記URLをクリックしてご覧ください。
http://www.kakehashi-npo.com/

http://www.kakehashi-npo.com/設立シンポジウム/

アクセス数が異常に多い「福岡市・渡辺産科事件」

福岡市で起きた「医療法人愛育会」渡辺産婦人科事件の顛末を昨年このブログに掲載しましたが、未だに多くのアクセスがあります。
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-date-201105.html

事件発生時、マスメディアにも取り上げられた医療事故ですが、人口150万規模の都市で起きた事件としては異常なほど多くのアクセス数があり、根の深さを感じます。
当会にも出産事故に関わる被害者の方々からご相談を頂いておりますが、この事件は出産にかかわる問題のみならず、医師の社会的モラルの欠如を思い知らされた事件です。
http://www.geocities.jp/mhr3129/


尚、当会は「産科医療補償制度」の推移、運用についても注目して参ります。

[ 医療ツーリズム]が齎すもの

昨日、読売新聞が社会面に『医療ツーリズム』の記事を載せた。
この話題は東日本大震災で一時遠ざかっていたが、経産省、国交省・観光庁が推進する「観光立国」のテーマとして再登場して来たようだ。
閉鎖的医療界を国際環境にさらす機会と思えば悪い話でない。

推進する省庁からは経済効果5500億円、長寿国ニッポンのPR、アジアトップの高度医療、付帯サービスの充実、富裕層から得られる高収入等々、良い事尽くめの言葉が飛び出す。
しかし肝心の厚労省の影は薄く、戸惑いと縦割り組織の弊害を感じさせる。
国際医療保険、医師と患者間のオープンシステムの是非、誤診、医療ミス訴訟、宗教、人種問題など、一旦トラブルが起きると中東、アジアの富裕層相手だけに国際問題となり一筋縄でいかなくなるだろう。

そうは言っても『医療ツーリズム』は日本の医療業界に風穴を開ける絶好の機会になる。
いつまでも猿山のボス争いを繰り返すような大学病院を「外圧」でこじ開けるのも悪くない。
(男性会員)

患者・家族と医療をつなぐNPO「架け橋」設立シンポジウム案内

患者・家族と医療をつなぐNPO法人「架け橋」が5月27日東京で設立シンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。
当ネットも「架け橋」と連携しながら医療安全、被害者サポート活動を推進して参ります。


<開催案内>

  日時 :5月27日(日) 14時〜17時
  場所 :聖路加看護大学講堂(アリス・C・セントジョン・メモリアルホール )
  交通 :地下鉄日比谷線「築地」駅 3番出口又は4番出口より 徒歩3分
      地下鉄有楽町線「新富町」駅 6番出口より 徒歩5分
      地下鉄大江戸線「築地市場」駅 徒歩12分
  手続き:事前予約不要、参加費無料

  内容 

  ◎基調講演:「自身の体験から院内患者サポートに求めるもの」
     講演 :浅野 史郎 氏 慶大政策学部教授 / 前宮城県知事 / 元厚労省官僚

  ◎シンポジウム 「自身の立場から院内患者サポートに求めるもの」
     司会: 大熊由紀子 氏 国際医療福祉大大学院教授 / 元朝日新聞論説委員
     シンポジスト:
         浅野 史郎 氏 (上記)
         鮎澤 純子 氏 九大医学研究院 基礎医学部門 医療経営・管理学准教
         内野 直樹 氏 全国社会保険協会連合会 社会保険相模野病院長
         尾藤 誠司 氏 東京医療センター教育研修部 臨床研修科医長
         宮本 哲也 氏 厚労省医政局総務課 医療安全推室長
         医療事故被害者遺族

 〜 詳細は当ブログ右欄のリンク案内「NPO法人・架け橋」からお入りください。 〜

シンポジウム案内(中部地方にお住まいの方々へ)

名古屋で「医療事故情報センター総会記念シンポジウム」が開催されます。

医療事故調査制度を設計するために 〜報告と調査の現状と課題から〜

【日時】5月26日(土)午後1:30〜(開場午後1時)
【場所】ウインクあいち(愛知県産業労働センター)小ホール1(5階)
    名古屋市中村区名駅4−4−38
【申込み】不要
【参加費】無料
【定員】 150名
【問い合わせ先】医療事故情報センター
        名古屋市東区泉1−1−35ハイエスト久屋6F
        TEL:052-951-1731 FAX:052-951-1732

▲page top