< 2012年08月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  | 2012年10月 >
Home  > アーカイブ > 2012年09月

精神科薬害相談・本日予定通り開催します

台風が近づいていますが、予定通り開催されます。参加費無料です。

主催:医療過誤原告の会
http://www.genkoku.jp/

1.日時:2012年9月30日(日) 13:00〜16:30
2.場所:全労連会館(JR御茶ノ水駅徒歩5分) 3F会議室
3.内容:内海聡医師の講演、医療事故被害者の交流

茨城県知事へ要望を集約(東京医大茨城医療センター事件)

茨城県内の関係自治体が取扱い停止期間短縮を求め知事へ要請を集約。今後の厚労省への働きかけが注目されます。
知事の交渉に東京医大がどう関わるのか不明ですが、当事者である東京医大から取消し期間と負担金増加に伴う経営諸表が示されなければ具体的な停止期間の話し合いも出来ず、知事の単なる政治的圧力による力ずく交渉にしかなりません。知事は厚労省に出向く前に東京医大と詳細な詰めを行う必要があると思います。

保険負担分の払い戻し、限定的(東京医大茨城医療センター事件)

保険負担分を地方自治体が肩代わりする診療科目を茨城医療センターでしか受けられない科に限定する方向で各自治体が概ね合意。対象は国保。診療科目は透析や科学療法に限られ、通院患者の多くが他院に離散するため経営危機は依然として未解決模様です。

東京医大は患者を盾にするな

取り消し処分で影響を受ける周辺市町村や保険団体が集まり、対策会議を行なっている。
患者は気が気でない。
問題は東京医大。患者を人質にして盾に使ってはならない。
早急に東京医大本部の理事、関係者を処分し、身を切る姿勢を示すべきだ。
(男性会員)

精神科、心療内科薬害でお困りの方々へ

精神科、心療内科の薬害でお困りの方々を対象に会合が開かれます。
参加費無料です。


主催:医療過誤原告の会
http://www.genkoku.jp/

1.日時:2012年9月30日(日) 13:00〜16:30
2.場所:全労連会館(JR御茶ノ水駅徒歩5分) 3F会議室
3.内容:内海聡医師の講演、医療事故被害者の交流

処罰内訳

処罰(9月14日発表)
懲戒解雇:松岡健 前茨城医療センター長
停職3ヶ月:2名
停職1か月:1名
減給10%3か月:2名
戒告 :1名
※理事等、本部関係者の処分は検討中。

▲page top