< 2013年06月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  | 2013年08月 >
Home  > アーカイブ > 2013年07月

スキャンダルで更迭!?

理事長・学長挨拶、更新

死者からの手紙「東京医大カテーテル誤挿入事件」顛末記その7(反省の色が見えない)

前回(4月2日)の話を続けましょう。

「病院に過失はないと主張・・・」
事故直後の家族への説明から裁判の結審に至るまで、東京医大病院は終始「病院に過失はない」と主張し続けました。
司法解剖の結果、中心静脈カテーテル(CV,IVH)が直径数センチもある太い頸部静脈に全く入っていなかったにもかかわらずです。
挿入に失敗した医師は、新宿警察署から東京地検に送致されました。しかし、検察官の取り調べでも、裁判の法廷でも「自分のやり方に誤りはなかった」と主張し続けたのです。この若い医師に対し、おそらく病院側は強い圧力をかけ、問題のJ法律事務所・M弁護士の指南もあったでしょう。弁護士は裁判に勝つこと以外考えない愚かな人物に見えましたからね。和解の落としどころも考えず、闇雲に勝ち負けに突っ走るような弁護士を雇う東京医大は自らの姿をかがみ(M弁護士)に映しているようなものです。

「その後、白い巨塔では・・・」
ところで、この不器用さんの医師は事故後、大学病院でどういう立場にいたのでしょう。
ここに一昨年、東京医大麻酔科で行われた麻酔科認定医取得プログラムの資料(公開)があります。この資料は彼によって作成されたようですね。
事故を起こした医師が過去の事故を反省し、再起をかけて努力して、今の地位にあるのでしたら非難は致しません。件の医師の不器用さはとても改善しそうにはありませんけど・・。
でも、私たちの家族に対する姿勢は法廷で自己主張した言葉「自分のやり方は間違っていない」で終わっているのです。そして病院は彼を取立て、麻酔科の指導的?立場に置いているのです。なにか密約か、抜き差しならない縁故関係でもあるんでしょうか???
麻酔科認定医取得プログラム(公開資料)
http://101.dtiblog.com/i/iryoujikonet/file/20130724111121.pdf

「今も現場で・・・」
この不器用な麻酔科医師は今も山手線沿線に在る某総合病院麻酔科で「日本麻酔科学会認定医・専門医・指導医」と名乗り、医療現場にいるのです。この病院は東京医大の受け皿で、私の事件で経過観察を怠って送致されたもう一人の医師も同病院にいます。もう一人の医師も検察の事情聴取や法廷尋問で同じように「過失はない」と主張。現在に至っているのです。

事故を起こした医師が現場に戻っては困ると言っているのではありません。事故から何を学び、何を反省したか、私の墓前や遺族に腹蔵なく語ってこそ再起の機会が与えられると思うのです。違いますか? 黙っていて「理解してくれ」では心と心は通じませんよ。

今日はこの辺にしておきましょう。(続く)

追伸:私の事故日が近づきました。その日は奇しくも「東京医大メモリアルデー」です。大学は医療安全について何を反省し、何を語るのでしょう。
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/news/shimin/20130709.html
-------------------------------------------------------------------
アーカイブス
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-249.html
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-248.html
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-241.html
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-218.html
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-173.html
http://iryoujikonet.dtiblog.com/blog-entry-168.html

埼玉北部の救急医療態勢が改善へ

急患のたらい回しで死亡事件を起こした埼玉県北部の救急医療態勢をNHKニュースウオッチ9などが取り上げましたが、当会らはその報道のあり方について事件の発生要因を正確に取材・報道するようNHKに申し入れ、過日、追加報道がなされました。(既報)

その後、埼玉県北部の救急態勢を見直す動きがあり、今月22日から消防署へ北部の各救急医療病院が受け入れ能力を常時報告し、お互い補間することになりました。今までそのようなことも成されなかったことに関係者の消極さを感じないではありませんが、一歩前進したことは喜ばしいことです。しかし、個人開業医の応援は未だ得られていません。

医師の数を増やすと歯科業界のように共倒れになると反対する動きがあるのなら、せめて個人開業医も当番制で、医師不足に悩む救急医療の一翼を担って欲しいものです。

「医療の良心を守る市民の会講演・シンポジウム」

日時:  7月13日(土)13:30〜16:45
テーマ: 「うそをつかない医療」の実践 (参加費:無料) 
講演:   原 春久氏(名古屋・協立総合病院名誉院長)
シンポジウム:原春久氏、野田吉和氏(相模野病院長補佐)
       北田淳子氏(阪南中央病院)豊田郁子氏(新葛飾病院)
コーディネーター:大熊由紀子氏(国際医療福祉大学大学院教授)

会場:   全水道会館中会議室 東京都文京区本郷1-4-1 03-3816-4196
アクセス:都営三田線水道橋駅A1出口1分、JR水道橋駅東口2分 

東京医大理事長としてのメッセージを!(臼井理事長兼学長)

臼井学長が理事長職を兼任して10日余り経ちますが、東京医大HPは学長としての古いメッセージだけで、理事長挨拶は空欄状態です。
この数週間、東京医大贈収賄事件、副学長の不倫スキャンダル記事のアクセク数が連日突出(当調査)しているなか、何らかのメッセージを出す必要があるでしょう。

▲page top