< 2017年08月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  | 2017年10月 >
Home  > 関連機関動向 >  医療事故で身内を亡くした医師が語る講演会(案内)

医療事故で身内を亡くした医師が語る講演会(案内)

医療事故で身内を亡くした医師二名がその心境を赤裸々に語ります。
後半は来春の定例国会で法制化が見込まれる「医療版第三者事故調査機構」に向けてパネルディスカッションが行われます。

-----------------------------------------------------------------

「医療過誤原告の会」第22回総会記念シンポジウム

日時:11月30日(土)13:30〜16:30

場所:全労連会館ホール(東京・御茶ノ水、JR御茶ノ水駅徒歩8分)
http://www.zenrouren-kaikan.jp/access.html


1:医療事故被害報告
     
     古川 實 (熊本 医療事故被害者遺族・医師)
      柴田清吾(千葉 医療事故被害者遺族・医師)
     大沼美喜子(東京 死因究明モデル事業体験・遺族)

2:講演 

 勝村久司(産科医療補償制度運営委員・医療事故被害者遺族)
  「産科医療補償制度の現状と意義・展望」

 永井裕之(日本医療安全調査機構運営委員・医療事故被害者遺族)
  「死因究明モデル事業の実績を制度化に活かすために」

3:シンポジウム 
  
  「医療事故調査制度(公平・透明性・再発防止)設立を願って」

 シンポジスト: 勝村久司(同上)、永井裕之(同上)古川實(同上)柴田清吾(同上)
      大沼美喜子(同上)
  コーディネーター: 宮脇正和(医療過誤原告の会・会長)

【参加費: 無料、事前申し込み不要】

問い合わせ:医療過誤原告の会 090−6016-8423

▲page top