< 2017年06月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  | 2017年08月 >
Home  > 寄稿 >  死者からの手紙「東京医大カテーテル誤挿入事件」顛末記その2(真夏の夜の悪夢)

死者からの手紙「東京医大カテーテル誤挿入事件」顛末記その2(真夏の夜の悪夢)

暑い夏がやってきました。そこで今日は患者家族の皆さんに大事なお話をしたいと思います。

医療態勢が手薄になる時期

8月に入るとお盆休みに掛けて医療関係者も夏休みをとり始めます。これは年末年始も同じです。入院していると良く分かりますが、夏休みや年末年始は極力入院患者を自宅に戻し、急患以外は入院させません。あちこちのベッドが空き始めるのです。医療態勢は手薄になり、その穴埋めを研修医や実習生がすると思って良いでしょう。この時期、勤務にあたる医師たちも猛暑で睡眠不足。今年は深夜にロンドンオリンピックがあるので寝不足の医療関係者が周囲にいると思って気をつけましょう。

真夏の夜の悪夢

私の手術も8月上旬でした。しかも月曜ボケのブルーマンデーです。これが悪夢の始まりでした。大静脈に入れるべきCVカテーテルを全く血管に入れてしまった医師も若ければ、術後の経過観察をした宿直医も若い。しかも深夜、苦痛を訴えても寝るのが優先?なのか看護師に電話で指示するだけ。なかなか来てくれない・・・。結果的に医療態勢が甘かった時期に入院したのが失敗でした。ではなぜこんな時期に入院してしまったのか・・・それはこうです。

なんでこんな時期に手術をしてしまったのか

手術の時期を医師と打ち合わせた時、こんな話が出ました。
「このところ、何でこんなに手術が多いんだろう。企業が春の定期検診をやって病気が見つかり、丁度この時期に手術が集中しているような気がする」
ここまでは問題ありません。次が後で考えると問題でした。
フルスタッフが揃わないけれど8月X日にやりましょう。」
そのとき、主人が医師に尋ねました。「腫瘍は放置して置くとどの位変わりますか?」その答えは確か「10日で倍くらいに大きくなります」と。
それで「これは急がなくては行けない」と思ったわけです。
でも「フルスタッフが揃わないけどやる」という件が問題ですね。スタッフが揃わなくてもこの病院は手術を強行するの???そんないい加減なの???

病院を盲目的に信用しないで!

ちょっと話を変えましょう。入院する前、私は主人から2〜3注意を受けました。
(1)白衣を着ていると皆プロらしく見えるけど外観だけで判断するな。
(2)病棟をあたふたと走り回っている看護師は一見真面目に仕事をしているようにみえるが、慌て者でミスが多いと疑え。
(3)点滴や注射の間違いがあるから、何の薬か必ず聞け。ラベルに名前が書いてあるからフルネームで確認しろ。同姓の患者が同じ病棟にいる場合もある。
私は言われるままに注意しました。でも事故は私の手の届かないところで起きたのです。カテーテル誤挿入、しかも直径3〜4cmもある大きな静脈に全く入っていない(司法解剖結果)のですから。こんなの、若い医師の技能不足ですよ。不器用な人は外科医なんかなっちゃ駄目!
更に、経過観察室に主人が来たとき「この首から入れている管は何?」と尋ねていました。その時「これは点滴を入れやすくする為です。あとはこの実習生がしっかり見ますから任せてください。この部屋は狭いから早く家族の人は出てください」と言われたのです。
経過観察室にも実習生が配置されていたわけです。一体何が「しっかり見ますから任せてください」なの!!! 10数時間後、経過観察室にいたのに呼吸、心拍停止じゃないの!!!何が経過観察なの????
皆さん!医療関係者が夏休みをとるこの時期の入院や手術には気をつけてくださいね。自分で自分を守るしかありませんよ。納得がいかなかったら徹底的に聞いて、それでも駄目なら上司を呼んで説明させてください。私の体験談を参考に皆さん、くれぐれもご注意を。
では次回まで命をお大切に。(死者からの手紙、その2)

▲page top